*

昨日はISO9001 内部監査

公開日: : オオスミの価値, , 生産性, 経営資源

昨日は、ISO9001の内部監査の日でした。

ISO9001などの規則やルールは守らなければ意味がありません。

でも、そもそも何故そのようなルールを作ったのか?

誰のための規則なのか?

改善する余地はないか?

常に考え続けなければ全く意味がありません。

 

私たちの会社では、私たち自身が成長するために内部監査を行います。

活発に、時には厳しい言葉も飛び交います。

でも、だからこそそうやって、どんどん良い方向へと進んで行くんですね。

 

そういうマネージャーたちがオオスミにはたくさんいます。

そのことを私は誇りに思います。

 

naibukansa

関連記事

令和2年(2020年)入社式

本日、新卒新入社員の入社式を行いました。今年は、九州、四国、静岡から迎えることになりました。昨今の

記事を読む

企業の健康診断って?

私たちは健康診断を行い、自分の体の管理をします。 どこかに異変はないか?問題はないか?

記事を読む

社運隆昌

オオスミ幹部で、恒例の神田明神参拝に行きました。 今年も一年、オオスミで働く全ての人の、健康と

記事を読む

インタビューして頂きました

”オンリーストーリー”という経営者にスポットを当てたインタビューシリーズに登場させて頂きました。

記事を読む

2021年入社式

今年も新たなメンバーが増えました。2030年、そして2050年にどんな地球になっているか?どんなお

記事を読む

リファーラル・ビジネス(自分を支える学び・その5)

リファーラル【referral】(紹介) 売上を伸ばす一つの方法として、リファーラル・マーケテ

記事を読む

平成29年度 第9回安全大会を実施しました

第9回安全大会を実施しました。 今年も多くの協力企業さまにご参加いただきました。 働く職場で

記事を読む

新しい社員を採るということ

【新しい社員を採るということ】 先週末は、新入社員歓迎会が行われました。今年は3名の新

記事を読む

環境分析ラボをご見学頂いています

私たちオオスミでは、お客さまに環境分析を行っている本社ラボをご見学頂くことがあります。 理由は

記事を読む

ISO9001維持審査を受けています

本日は、ISO9001の維持審査を受けています。 審査や監査というのは、悪いところを見つける健

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

【鎌倉で楽しいECOあそび+学び 〜第1回一般向けカマクラス〜】

オオスミ社の環境クラス『カマクラス』を開催しました。眉間にシ

【子供たちとプラスチックのお勉強】

縁あって、1歳〜6歳の保育園児たちへのプラスチック授業を行ってきまし

【大角武志のNOプラスチックでやってみた Vol.010〜おでん編〜】

スーパーマーケットで買い物をすると、やたらとプラごみが増える!なんて

【大角武志のNOプラスチックでやってみた Vol.009〜量り売りのお店①ビオセボン〜】

 最初からプラスチック・パッケージに入った食品を買うのではなく、自分

【大角武志のNOプラスチックでやってみた Vol.008〜マイボトル持っていった〜】

スターバックスで、マイボトルにコーヒーを入れてもらったことがまだない

もっと見る

PAGE TOP ↑