*

梓川のきれいな水にびっくり

公開日: : (休)豊かな自然環境

北アルプス涸沢まで行ってきました。

とにかく驚いたのは梓川の水のきれいさです。

上高地から涸沢までの間、圧倒されっぱなしでした。

 

地球の直径を1mの球体とすると、生物が利用できる淡水はたったの5ccだと言われています。

水は地球を循環しているもの。

濾過・フィルターにも限界はあります。

循環の恩恵を受けている人間の一人として

水を守り続ける仕事を、さらに頑張って行きたいと強く願う旅となりました。

 

 

2017-09-09 09.25.40 2017-09-09 11.51.17

関連記事

中海に親しむ

鳥取県中海で行われている環境イベントに来ました。 環境を大切にするために必要なことはたくさんあ

記事を読む

土曜の朝のひとっ走り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 土曜日の朝、自宅から自転車に乗って会社まで行き

記事を読む

竹林と猫

徒歩で会社へ。普段とは違う道をゆっくり歩く。こんなところあったんだ!?と発見と驚きの連続。

記事を読む

近所をジョギング

  夏の蒸し暑さもすっかり影をひそめた9月。 久しぶりに近所をジョギ

記事を読む

RUN始動

何もしなかった夏…そして秋… このままでは健康が損なわれてしまいますね というこ

記事を読む

ゴミ拾いウォーキング企画中

天気もよく暖かな日でした(夕方は雷雨) 横浜市との市境を流れる境川。このリバーサイド遊歩道の

記事を読む

本社外周の花壇化プロジェクト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA CSR委員会で発案された本社の周りを花壇のよう

記事を読む

畑仕事(DAY 0)

コロナ禍で、私自身の考え方が少し変わったことの中で、「食」に関することがあります。日本は食料を海外

記事を読む

千里の道も一歩から

  このところ春らしくなってきたので少し体を動かし始めました。 神奈川

記事を読む

あじさい救済プロジェクト

 本社の周囲を花壇にしようというCSR委員会プロジェクトですが、昨今のコロナの影響で進行が

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

【鎌倉で楽しいECOあそび+学び 〜第1回一般向けカマクラス〜】

オオスミ社の環境クラス『カマクラス』を開催しました。眉間にシ

【子供たちとプラスチックのお勉強】

縁あって、1歳〜6歳の保育園児たちへのプラスチック授業を行ってきまし

【大角武志のNOプラスチックでやってみた Vol.010〜おでん編〜】

スーパーマーケットで買い物をすると、やたらとプラごみが増える!なんて

【大角武志のNOプラスチックでやってみた Vol.009〜量り売りのお店①ビオセボン〜】

 最初からプラスチック・パッケージに入った食品を買うのではなく、自分

【大角武志のNOプラスチックでやってみた Vol.008〜マイボトル持っていった〜】

スターバックスで、マイボトルにコーヒーを入れてもらったことがまだない

もっと見る

PAGE TOP ↑