*

着るものもサスティナブルで選ぶ

地球環境を考える。環境保全のために本業で尽くす以外に、日常生活でも、多くの選択肢の中から環境配慮を考えた製品を購入するということが一般的になってきました。

ある休日、スターブランドクラブの村尾隆介さん(小さな会社でもブランド力が大切ということを提唱)と、エコアイテムでミーティング。村尾さんは東京の自宅から鎌倉まで60㎞を走る途中で横浜に立ち寄ってくれました。

この日はスペイン発のエコブランド“エコアルフ”のTシャツと、アディダスのスーパースター。このスーパースター、 CLEAN CLASSICS シリーズのヒールに “THIS SHOE ALONE WILL NOT SAVE THE PLANET(このスニーカー自体では地球は救えないかもしれない)” が入る 動物由来性成分を使わないサスティナブルなコレクション 。

エコ、エコって、「~しなければ」、「やらなきゃ」って眉間にしわを寄せて考えると苦しいけど、ファッションの一部だったり、数ある選択肢の中から自分が良いと思うものを選ぶことって、楽しくもありますよね。

最後に、これらに『地域の+α』をエッセンスをして加えてみました。今は地元で活躍する横浜DeNAベイスターズ。その源は大洋ホエールズ。ホエールズのキャップをかぶってのプチ撮影でした。

関連記事

千里の道も一歩から

  このところ春らしくなってきたので少し体を動かし始めました。 神奈川

記事を読む

横浜の運河を漕ぐ

2016年10月16日(日)、横浜の運河をカヤックで漕いできました。 35年続く『横浜

記事を読む

100キロウォーク2016への挑戦(3)

  GW最後の休日は、歩き仲間が企画した金時山ハイキングに急遽参加させてもら

記事を読む

土曜の朝のひとっ走り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 土曜日の朝、自宅から自転車に乗って会社まで行き

記事を読む

1秒で起こっていること

『1秒の世界』ダイヤモンド社 ISBN4-478-87099-3 によりますと、1秒間に地

記事を読む

おにぎりアクション

おにぎりを食べてSNSでハッシュタグをつけて投稿すると、アジアやアフリカの貧困地域の子供たちに給食

記事を読む

なぜ八ヶ岳に登ったか?(その1)

2015年5月から4回に分けて八ヶ岳を縦走しました。 その訳は・・・ 実は2007年1月

記事を読む

廃タイヤからサンダル

日常、車のタイヤには大変恩恵を受けていますが、使い終わったらどうなるのでしょうか?

記事を読む

熊本城主になりました

熊本城復元整備基金の『復興城主』制度に寄付をしただけなのですが。 被災した熊本城を復旧・復興

記事を読む

パラカップ2016を走りました

今日は、個人チャレンジの話を聞いてください。 そもそも何故走り始めたか? 答は『自分で走ろう

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

本年も宜しくお願い申し上げます

 2021年の幕開けとなりましたが、依然としてコロナの影響で大変な世

運河を利用した物資輸送

私たちオオスミも参加しているNPO法人Hama Bridge 濱橋会

畑仕事(Day5)ちょっと収穫

今朝、畑で少しだけ収穫してきました。朝採れの無農薬野菜!オリ

畑仕事(Day3)

日曜日の畑仕事の収穫は・・・人参🥕でもこれ、実はお向

畑仕事(DAY 0)

コロナ禍で、私自身の考え方が少し変わったことの中で、「食」に関するこ

もっと見る

PAGE TOP ↑