*

雨の恵み

 雨が降るとちょっと気分が落ち込んだり、気圧が下がるときには体の不調を感じたりすることがあると言われまが、生物にとって雨は”恵みの雨”でもあり、雨が降らないと大変な事になります。世界では干ばつが多く起こっています。これも気候変動の影響なのでしょうか?

 日本は雨に恵まれた国だと言います。雨の種類も多く表現されていますね。雷雨、豪雨、驟雨、氷雨・・・。来月は五月雨。

 これから梅雨に入り、夏に向けて雨の日も多くなってくるでしょう。雨の日の楽しい過ごし方も考えて行きたいと思います。

関連記事

憧れの涸沢

日本の景色を紹介するカレンダーなどで、秋になるとよく涸沢(長野県)の写真を見かけることがあります。

記事を読む

知らない町を歩く

昨日は長野県、みどり湖駅から松本駅までの20キロを歩きました。 2007年1月から始め

記事を読む

あたらしい仲間

 2020年4月採用の新入社員3名の配属決定発表会を行いました。今年は、調査系技術の3つの

記事を読む

古いテントのリニューアルⅡ

 日曜日、クリーニングから上がってきたテントを家で立ててみました。最近流行りの(!?)ベラ

記事を読む

RUN始動

何もしなかった夏…そして秋… このままでは健康が損なわれてしまいますね というこ

記事を読む

ホワイトデーにチョコレート

ホワイトデーのプレゼント用にチョコレートを購入しました。東京・自由が丘にフラッグシップの店舗を持ち

記事を読む

砒素を分析しています

砒素(ひそ)を、原子吸光光度計という分析装置で測っています。砒素は原子番号33番の元素で、

記事を読む

道路のつつじ

この季節になると道路沿いが賑やかになります。一年のうちこの季節だけ花を咲かせるため『ああ、そうだっ

記事を読む

行動するSDGs

今日は本の紹介です。『今日からできる!小さな会社のSDGs』村尾隆介著(青春出版社)ISB

記事を読む

BODとは?

BODとは「生物化学的酸素要求量」( Biochemical Oxygen Demand

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

無料!環境オンラインセミナー始動

 株式会社オオスミではプロフェッショナル向けのオンラインセミ

本社外周の花壇化プロジェクト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA CSR委員会で発

行動するSDGs

今日は本の紹介です。『今日からできる!小さな会社のSDGs』

チャンスを活かす方法

縁あって『ミーニング・ノート』という本を手に取りました。これ

TODOリストの完了チェック

皆さんは、TODOリストの完了チェックはどうしていますか?チェックボ

もっと見る

PAGE TOP ↑