*

葉桜と新緑

桜は葉桜となり、新緑の季節がやってきました。
周囲は彩り鮮やかな様相をみせています。
視線を自然なものに写すと
様々なものが見えてきます。

目に見えないものを想像する力も大切ですが、
目に見える自然の姿を眺めて、
地球の大きさ、自然の偉大さを感じることも必要かな?
なんて思う
きょうこのごろ なのでした。

関連記事

ブループラネットⅡ 2019年3月放映?

欧州の各国が海洋プラスチック憲章に合意した背景には、英BBC放送制作のドキュメンタリー『ブループラ

記事を読む

自分のモチベーションは外からあげてもらう

『世界で活躍する人が実践している自分の価値の高め方』 村尾隆介著 総合法令出版発行 私は

記事を読む

ゴミ拾いウォーキング企画中

天気もよく暖かな日でした(夕方は雷雨) 横浜市との市境を流れる境川。このリバーサイド遊歩道の

記事を読む

プラスチックをヘラスチェック

 プラスチックのおかげで便利な生活を送らせてもらっています。だから、敵対視して『なんでもか

記事を読む

中海に親しむ

鳥取県中海で行われている環境イベントに来ました。 環境を大切にするために必要なことはたくさんあ

記事を読む

大岡川の素晴らしい環境を目指して

10月21日(土) 横浜の中心部を流れる運河、大岡川にて『横浜運河パレード』が開催され

記事を読む

憧れの涸沢

日本の景色を紹介するカレンダーなどで、秋になるとよく涸沢(長野県)の写真を見かけることがあります。

記事を読む

no image

覚悟を決めて受け入れる

経営的ハプニングやアクシデントがあったときにどう対応するか? まず最初に考えるのは、最悪の事態

記事を読む

戦略は目標を定めるものではなく方向を定められるに過ぎない

『P・F・ドラッカー 理想企業を求めて』エリザベス・ハース・イーダスハイム著、上田惇生訳(ダ

記事を読む

成長の限界

環境のことを勉強している学生さんや、SDGsのサービスを生み出そうとしている人には、手に取って頂き

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

2021年入社式

今年も新たなメンバーが増えました。2030年、そして2050年にどん

自転車に乗ってソロキャンプ

先日、最近流行っているソロキャンプに行って来ました。交通手段は自転車

ピンクシャツデー2021

2021年2月24日(水)。2月の最終水曜日はピンクシャツデー。いじ

カヤックに乗って大岡川クリーンアップ

2月の第三土曜日、横浜の中心部を流れる大岡川のクリーンアップ

海のプラゴミ拾い

先週の日曜日、神奈川県の大磯漁港から平塚までの海沿いを歩いて

もっと見る

PAGE TOP ↑