*

成長の限界

環境のことを勉強している学生さんや、SDGsのサービスを生み出そうとしている人には、手に取って頂き、一度は読んで頂きたいたい本を紹介します。

この本は1972年に書かれた本で、このまま人口が増え、資源が枯渇し、汚染が拡大し、資本(経済)の成長が進んだ場合にどんな世の中になるだろうか?ということを様々な見地からシミュレーションしている本です。
『成長の限界-ローマ・クラブ「人類の危機」レポート』

約半世紀前にシミュレーションされた予測グラフの通りに、人口・資源・汚染の状況が進行している点に注目したい。

著者はこういいます。『われわれがある程度の確信を持ってい言えることは、現在のシステムに大きな変革が何もないと仮定すれば、人口と工業の成長は、遅くても次の世紀内に確実に停止するだろう・・・』(本文一部引用)

では、どうすれば良いか?というモデルケースをシミュレーションしているのがこの本ではありますが、共通して言えることは、ちょっとやそっとのことを行っているのでは、多少遅らせるに過ぎないということ。

この中で、私が注目したいのは”汚染”に対する対策の項目(何故なら私は環境の仕事をしているから)。これが1972年には示され、私たちはそのままにしてきてしまったという事実を認識し、改めて早急に手を打つことが必要だと感じています。その、示された改革方法を示し、本の紹介とさせていただきます。

・廃棄物の回収、汚染の防除、不要物を再利用するための新しい方法。

・資源の枯渇の速度を減らすためのより効率の良い再循環技術。

・資本の減耗率を最小にするための、製品の寿命を増加し、修復を容易にするようなより優れた設計。

・最も汚染の少ない動力源である太陽エネルギーを利用すること。

関連記事

ゴミ拾いウォーキング企画中

天気もよく暖かな日でした(夕方は雷雨) 横浜市との市境を流れる境川。このリバーサイド遊歩道の

記事を読む

省エネはこれからが本番

気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で決まった日本の削減目標は 2030年までに、

記事を読む

運河の環境を考える

さる10月21日(土)はNPO法人Hama Bridge 濱橋会主催の『運河パレード』のイベ

記事を読む

no image

クローズアップ現代をみて下さい

地球環境問題は、長い周期の一片ではなく喫緊の課題だと私は強く思っています。 2019年9月2

記事を読む

シロクマと未来

オオスミ社とスターブランド社と共同編集をしている雑誌『ゼロクロニクル』の次号で販売予定のシ

記事を読む

特別なお弁当

 先日、内定者懇談会を行いました。来年2021年の4月に入社する学生さんたちとの交流会です

記事を読む

戦略は目標を定めるものではなく方向を定められるに過ぎない

『P・F・ドラッカー 理想企業を求めて』エリザベス・ハース・イーダスハイム著、上田惇生訳(ダ

記事を読む

感謝すべきことを数え上げる

  悩むのをやめ、新しい人生を始めるための第4のルールは、『感謝すべきことを

記事を読む

アイデアを募集するポータルサイトのような、プラットフォームがあるといい

コロナ対策の一環として、様々なアイデアを募集し、それを日本の技術で実現するそんなことができたらいい

記事を読む

環境保全の大切さ

SDGsをご存知でしょうか? 持続可能な開発目標(Sustainable Development

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

畑仕事(DAY 0)

コロナ禍で、私自身の考え方が少し変わったことの中で、「食」に関するこ

おにぎりアクション

おにぎりを食べてSNSでハッシュタグをつけて投稿すると、アジアやアフ

リユースボックスでリユーズ

企業・法人としてお客様に資料などをお送りするときは、新品のき

着るものもサスティナブルで選ぶ

地球環境を考える。環境保全のために本業で尽くす以外に、日常生

エコな移動手段

車、バス、自転車、徒歩・・・移動手段にはいろいろありますが、今日はバ

もっと見る

PAGE TOP ↑