*

海プラ拾い(城ヶ島)

公開日: : 最終更新日:2019/01/14 (月)環境問題, 個人チャレンジ, 社会貢献, 素晴らしい人脈

知り合いの水中写真家の豊田氏が主催する城ヶ島プラごみ拾い作戦に参加してきました。ダイバーや釣り人の方達が行う海のプラスチックゴミ拾いの作戦に飛び入り参加しました。

ここ城ヶ島は、東京湾と相模湾の両方からゴミが流れてくる場所だそうで、生活のゴミ以外にも釣りのゴミなども多く見られました。

以下、主催のNPO法人海の森・山の森事務局さんの記録より転記します。

ゴミの総重量48 .73kg(うちプラスチックゴミ 31.27kg)

  • ビン 5.04kg
  • 缶・金属 5.49kg
  • 紙ゴミ 6.93kg
  • ペットボトル 2.65kg
  • プラスチック 20.20kg
  • 硬質プラスチック 8.42kg

政策や、技術革新、インフラ整備など、このようなゴミが出ないようにするための仕組みづくりや、他にもやれることはたくさんありますが、まずは目の前のゴミを拾うということに尽きると感じました。

関連記事

横浜の運河の環境問題を考える

横浜の中心部を流れる大岡川、中村川、堀川、そして堀割川、いわゆる運河のことを真剣に考える、NPO法人

記事を読む

祝!副島さんリオ・パラリンピック出場決定

株式会社オオスミとして僅かばかりの企業協賛を、そして個人としてはできる限りの声援を送っている副島正純

記事を読む

山に入ると…

時々、趣味で山に登ります。 豊かな自然を感じることができます。 緑のみずみずしさ、木々や

記事を読む

BLUE PLANET Ⅱ

見逃した番組をオンデマンドで見る神秘な海 深海の海底 生存競争・・・そこに住む生き物たちが繰り広げ

記事を読む

大岡川リバー&リバーサイドクリーンに参加

9月16日(土)小雨が降る中、大岡川リバー&リバーサイドクリ―ンの活動に参加してきました。 こ

記事を読む

SDGs 17のゴール

    最近よく耳にする『SDGs』。これは2015年9月に

記事を読む

企業の行く末

  先輩経営者の会社に学ぶこと。 企業の寿命は平均30年と言われていま

記事を読む

千里の道も一歩から

  このところ春らしくなってきたので少し体を動かし始めました。 神奈川

記事を読む

足が楽になる話

【足が楽になる話】 2011年から毎年100キロウォーキングにチャレンジしています。 距

記事を読む

2019年卒定期採用のエントリーを開始しました

今年も、多くの方にオオスミという会社を知って頂きたい・・・ 私たちの取り組みを聞いて頂きたい・

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

無料!環境オンラインセミナー始動

 株式会社オオスミではプロフェッショナル向けのオンラインセミ

本社外周の花壇化プロジェクト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA CSR委員会で発

行動するSDGs

今日は本の紹介です。『今日からできる!小さな会社のSDGs』

チャンスを活かす方法

縁あって『ミーニング・ノート』という本を手に取りました。これ

TODOリストの完了チェック

皆さんは、TODOリストの完了チェックはどうしていますか?チェックボ

もっと見る

PAGE TOP ↑