*

オオスミの歴史(3)ポリシーとしての手づくりの精神

公開日: : オオスミの歴史

およそ、創業のころの実話は、その後の会社づくりの精神的な骨格になることが多い。オオスミの場合もそうで、原点となる「車庫倉庫」を自分一人の手で作ったことに象徴されるように、なるべく人の手を借りず、自分でできることは自分ですることが大事であるとされる。そして専門的なことは、「餅は餅屋」で他に依頼する。

 

ささやかなことでも、自分で初めから終わりまで手がけることで、物づくりの感覚を身につけることができ、そのことが他に依頼してもよい結果が得られる秘訣となる。創業者はそういうことを、しっかりと社内の人々に伝え、蓄積しようとした。

 

ただ、この「自作の精神」は、なかなか理解してもらえなかったことの一つである。人はついつい頭でっかちになり、理屈が先行して、自分の身体で仕事をして打開することを疎かにしがちだ。創業者は、その点が理解されにくいことで、残念な思いをしていることが多い。

 

IMG_9162

第一号倉庫 工場・車庫

他人任せではいけない、ということである。まずは自分が率先してやり遂げて、その上で他人に任せるのである。ところが、人間、常に楽をしたい気持ちがあるから、ついつい、自分が未達成のことを他人に任せてしまう。そして失敗すれば他人のせいにしがちだ。高度経済成長のころは、それでもやっていけたが、今日ではそんな甘いことではいけない。

本文一部引用については次の著作を利用致します。
『オオスミの歩み 環境の歴史とともに』(35周年を記念して 株式会社オオスミ社史):著者:小田部真季さん 制作:塩田 旭朗さん
文章の再構成の観点で、文言は一部現在の時代に変更している部分があります。(大角 武志校正)

関連記事

オオスミの歴史(1)『積年の夢、実る』

北海道、馬鈴薯原々種農場時代の大角勝彦[/caption] 創業50年を記念し、ここしばらく

記事を読む

第52期 経営計画発表会

第52期のスタートです。昨日、2019年11月16日は全社員で行う経営計画発表会の日でした

記事を読む

オオスミの歴史(2)本拠地を神奈川に定める

本拠地を神奈川に定める Q:事業の本拠地はどうしたのですか? A:もともと、横浜が好きだ

記事を読む

ロゴ誕生秘話

瑠璃紺が印象的な地球のロゴ!   何度か目にしていただいているのではないでしょ

記事を読む

インタビューして頂きました

”オンリーストーリー”という経営者にスポットを当てたインタビューシリーズに登場させて頂きました。

記事を読む

平成31年 入社式

平成31年4月1日、平成最後の入社式が行われました。 彼らは、同時に令和元年入社組(実際には

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

2020年 始動

謹賀新年 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 20

SDGs #2飢餓をゼロに

個人的に主催した飲食を伴う会において、お会計時のお釣りをお預かりさせ

成長の限界

環境のことを勉強している学生さんや、SDGsのサービスを生み出そうと

自販機からペットボトルをなくしました

株式会社オオスミ本社の自動販売機からペットボトルをなくしまし

第52期 経営計画発表会

第52期のスタートです。昨日、2019年11月16日は全社員

もっと見る

PAGE TOP ↑