*

オオスミの歴史(1)『積年の夢、実る』

公開日: : 最終更新日:2018/08/15 オオスミの歴史

IMG_8661

北海道、馬鈴薯原々種農場時代の大角勝彦

創業50年を記念し、ここしばらくは創業期のお話をしたいと思います。当社の創業者である大角勝彦がまとめた『オオスミの歩み 環境の歴史とともに』という自主出版本の内容をこちらで、再校正しお伝えしたいと思います。まず第1回目は、創業の契機となったことについて『積年の夢、実る』をご紹介致します。今後の引用については次の著作を利用致します。『オオスミの歩み 環境の歴史とともに』(35周年を記念して 株式会社オオスミ社史):著者:小田部真季さん 制作:塩田 旭朗さん 印刷製本:株式会社大川印刷 発行日:2003年10月31日


オオスミの歩みは、開拓精神を祖父母から譲り受けた一人の青年が、北海道から東京に出てきたところから、始まる。独立したのは昭和43年。この頃は、もちろん、わが国の各地に「公害問題」は発生していたが、世の中全体においては、「公害」という言葉すら、まだあまり浸透していなかった。超高度経済成長の真っただ中にあり、経済成長第一主義の時代であった。


そんなころに、事業家として独立したのだが、そのころの意識は、「積年の夢が実現できるという喜びとともに…本当に事業として…否、四人の家族を養っていけるだろうかという不安が…常に頭を横切る」、というものであった。


ここのところは大事なことで、明治時代以来、世の中の、ゼロからの創業者は、皆、そうであった。「有」から「有」を生むのは自明のことだが、「無」から「有」を生むのは、決して簡単なことではない。何かそこに、秘められたエネルギーか何かが、なくてはならない。そういった問題意識で、以下、オオスミの歴史の歩みを追体験してみたい。

 

関連記事

ロゴ誕生秘話

瑠璃紺が印象的な地球のロゴ!   何度か目にしていただいているのではないでしょ

記事を読む

オオスミの歴史(3)ポリシーとしての手づくりの精神

およそ、創業のころの実話は、その後の会社づくりの精神的な骨格になることが多い。オオスミの場合もそうで

記事を読む

オオスミの歴史(2)本拠地を神奈川に定める

本拠地を神奈川に定める Q:事業の本拠地はどうしたのですか? A:もともと、横浜が好きだ

記事を読む

第52期 経営計画発表会

第52期のスタートです。昨日、2019年11月16日は全社員で行う経営計画発表会の日でした

記事を読む

インタビューして頂きました

”オンリーストーリー”という経営者にスポットを当てたインタビューシリーズに登場させて頂きました。

記事を読む

令和2年(2020年)入社式

本日、新卒新入社員の入社式を行いました。今年は、九州、四国、静岡から迎えることになりました。昨今の

記事を読む

平成31年 入社式

平成31年4月1日、平成最後の入社式が行われました。 彼らは、同時に令和元年入社組(実際には

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

おにぎりアクション

おにぎりを食べてSNSでハッシュタグをつけて投稿すると、アジアやアフ

リユースボックスでリユーズ

企業・法人としてお客様に資料などをお送りするときは、新品のき

着るものもサスティナブルで選ぶ

地球環境を考える。環境保全のために本業で尽くす以外に、日常生

エコな移動手段

車、バス、自転車、徒歩・・・移動手段にはいろいろありますが、今日はバ

土曜の朝のひとっ走り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 土曜日の朝、自宅

もっと見る

PAGE TOP ↑