*

梓川のきれいな水にびっくり

公開日: : (休)豊かな自然環境

北アルプス涸沢まで行ってきました。

とにかく驚いたのは梓川の水のきれいさです。

上高地から涸沢までの間、圧倒されっぱなしでした。

 

地球の直径を1mの球体とすると、生物が利用できる淡水はたったの5ccだと言われています。

水は地球を循環しているもの。

濾過・フィルターにも限界はあります。

循環の恩恵を受けている人間の一人として

水を守り続ける仕事を、さらに頑張って行きたいと強く願う旅となりました。

 

 

2017-09-09 09.25.40 2017-09-09 11.51.17

関連記事

ホワイトデーにチョコレート

ホワイトデーのプレゼント用にチョコレートを購入しました。東京・自由が丘にフラッグシップの店舗を持ち

記事を読む

雨の恵み

 雨が降るとちょっと気分が落ち込んだり、気圧が下がるときには体の不調を感じたりすることがあ

記事を読む

金曜日に山カレー(2017.9.8)

        お休みをいた

記事を読む

竹林と猫

徒歩で会社へ。普段とは違う道をゆっくり歩く。こんなところあったんだ!?と発見と驚きの連続。

記事を読む

RUN始動

何もしなかった夏…そして秋… このままでは健康が損なわれてしまいますね というこ

記事を読む

11/10(土) 第6回横浜運河パレードでワークショップ開催!!

11月10日(土)第6回横浜運河パレードでワークショップ開催!! 横浜運河パレード

記事を読む

ゴミ拾いウォーキング企画中

天気もよく暖かな日でした(夕方は雷雨) 横浜市との市境を流れる境川。このリバーサイド遊歩道の

記事を読む

千里の道も一歩から

  このところ春らしくなってきたので少し体を動かし始めました。 神奈川

記事を読む

知らない町を歩く

昨日は長野県、みどり湖駅から松本駅までの20キロを歩きました。 2007年1月から始め

記事を読む

大岡川の素晴らしい環境を目指して

10月21日(土) 横浜の中心部を流れる運河、大岡川にて『横浜運河パレード』が開催され

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

おにぎりアクション

おにぎりを食べてSNSでハッシュタグをつけて投稿すると、アジアやアフ

リユースボックスでリユーズ

企業・法人としてお客様に資料などをお送りするときは、新品のき

着るものもサスティナブルで選ぶ

地球環境を考える。環境保全のために本業で尽くす以外に、日常生

エコな移動手段

車、バス、自転車、徒歩・・・移動手段にはいろいろありますが、今日はバ

土曜の朝のひとっ走り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 土曜日の朝、自宅

もっと見る

PAGE TOP ↑