*

梓川のきれいな水にびっくり

公開日: : (休)豊かな自然環境

北アルプス涸沢まで行ってきました。

とにかく驚いたのは梓川の水のきれいさです。

上高地から涸沢までの間、圧倒されっぱなしでした。

 

地球の直径を1mの球体とすると、生物が利用できる淡水はたったの5ccだと言われています。

水は地球を循環しているもの。

濾過・フィルターにも限界はあります。

循環の恩恵を受けている人間の一人として

水を守り続ける仕事を、さらに頑張って行きたいと強く願う旅となりました。

 

 

2017-09-09 09.25.40 2017-09-09 11.51.17

関連記事

海の幸

  海の幸を探しに大磯港から海の男になってきました。 うねりはあったも

記事を読む

憧れの涸沢

日本の景色を紹介するカレンダーなどで、秋になるとよく涸沢(長野県)の写真を見かけることがあります。

記事を読む

なぜ山に登るのか?

なぜ山に登るのか? なぜなのでしょう? 私の場合 きれいな空気を吸って、景色をみる

記事を読む

ボルネオ島の雲

これは、2008年6月にボルネオ島(マレーシア)で撮影した写真です。 会社の40周年社員旅行は

記事を読む

近所をジョギング

  夏の蒸し暑さもすっかり影をひそめた9月。 久しぶりに近所をジョギ

記事を読む

11/10(土) 第6回横浜運河パレードでワークショップ開催!!

11月10日(土)第6回横浜運河パレードでワークショップ開催!! 横浜運河パレード

記事を読む

金曜日に山カレー(2017.9.8)

        お休みをいた

記事を読む

中海に親しむ

鳥取県中海で行われている環境イベントに来ました。 環境を大切にするために必要なことはたくさんあ

記事を読む

千里の道も一歩から

  このところ春らしくなってきたので少し体を動かし始めました。 神奈川

記事を読む

ブループラネットⅡ 2019年3月放映?

欧州の各国が海洋プラスチック憲章に合意した背景には、英BBC放送制作のドキュメンタリー『ブループラ

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

第52期 経営計画発表会

第52期のスタートです。昨日、2019年11月16日は全社員

インタビューして頂きました

”オンリーストーリー”という経営者にスポットを当てたインタビューシリ

no image
クローズアップ現代をみて下さい

地球環境問題は、長い周期の一片ではなく喫緊の課題だと私は強く思ってい

ベトナムで省エネします

JICA草の根パートナー型に、横浜国立大学さまと共同で応募し

熊本城主になりました

熊本城復元整備基金の『復興城主』制度に寄付をしただけなのですが。

もっと見る

PAGE TOP ↑