*

覚悟を決めて受け入れる

公開日: : 経営者としての学び

経営的ハプニングやアクシデントがあったときにどう対応するか?

まず最初に考えるのは、最悪の事態を想定して覚悟すること。

この“覚悟”、つまり腹が座れば

あまり怖いものはなくなります。

 

そして、現実を事実として受け入れること。

自分のしてしまったことであれ

抵抗しようのない力であれ

既に起こった現実は過去のことで

その事実をなくすことはできません。

 

私も様々な失敗を繰り返してきました。

そのたびに、後悔したり、嘆いたり、他人のせいにしてしまったりしていました。

でもある時に気づいたのは、嘆いても何も変わらないという事実。

『覆水盆に返らず』

It is no use crying over spilt milk.

 

私が尊敬する株式会社ビジネスバンクグループ代表取締役の浜口隆則氏は、

経営者の覚悟を次のような言葉で表しています

『雪が降っても自分の責任』

 

何があっても自分の責任。

そして何があっても受け入れていくということが生きていく上で、

そして経営者として大切なことではないかと考えています。

関連記事

人を動かすたった一つの方法

人を動かす たった一つの秘訣 それは・・・ 『相手にみずからそれをしたいと思わせる

記事を読む

お客さまの声をきく

おはようございます。火曜日のブログテーマは「経営者の仕事」ということで早速書きたいと思います。

記事を読む

プレゼンテーション研修の修了

約半年に渡るプレゼン研修が終了しました。 私たちオオスミでは、様々な場面でプレゼンテーションを

記事を読む

自分のモチベーションは外からあげてもらう

『世界で活躍する人が実践している自分の価値の高め方』 村尾隆介著 総合法令出版発行 私は

記事を読む

ブループラネットⅡ 2019年3月放映?

欧州の各国が海洋プラスチック憲章に合意した背景には、英BBC放送制作のドキュメンタリー『ブループラ

記事を読む

企業の行く末

  先輩経営者の会社に学ぶこと。 企業の寿命は平均30年と言われていま

記事を読む

祝!副島さんリオ・パラリンピック出場決定

株式会社オオスミとして僅かばかりの企業協賛を、そして個人としてはできる限りの声援を送っている副島正純

記事を読む

プレゼン研修(第5回目)

  私たちの会社の使命を伝えていくために 私たちの商品やサービスをお客

記事を読む

本から得たもの(自分を支える学び・その6)

本から得たもの。 それはとてつもない情報量と、感情を揺さぶる魂。 と言うと大げさかもしれ

記事を読む

世界を目指す若者を応援しよう

世界を目指す若者を応援しよう そう思ったのは、横浜市国際局でお世話になるKさんからお伺

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

ゴミ拾いウォーキング企画中

天気もよく暖かな日でした(夕方は雷雨) 横浜市との市境を流れる

平成31年 入社式

平成31年4月1日、平成最後の入社式が行われました。 彼らは、

ユニバーサルマナーとは?

日本ユニバーサルマナー協会主催のユニバーサルマナー検定の講習に参加し

バレンタインデーに

バレンタインデーに多くの方からプレゼントを頂きました^^(ちょっと自

朝カフェにて

木曜日の朝、今日は早朝カフェで月一の社員向けメルマガを書き、耳からの

もっと見る

PAGE TOP ↑