*

100kmウォーク2016への挑戦(2)

公開日: : 個人チャレンジ

tiba100

【2015大会軌跡】かしみーる3Dより

 

これは昨年(2015年)千葉の大会に出た時の100km軌跡です。

データとしては、

移動時間:25時間21分03秒

距離:102.95km

平均ペース:14:47/km

登りトータル:915m

下りトータル:920m※スタートとゴールが同じ地点なので誤差と思われます。

カロリー:6,480kcal

歩数:149,843歩

 

自分の備忘録を読み出してみましたが、いつか100kmにチャレンジしてみようかなと考えている方へも参考までに。

 

■大会名:(第13回大会)ぐるっと房総100kmウォーク

■参加者データ(スタッフ口頭・非公式)

参加者 350名

リタイヤ 60名くらい

暫定完歩率 82%くらい

 

■持ち物

【服装】

インナー上下、サポートタイツ、薄手フリース、5本指靴下、帽子、半袖

 

【持ち歩き用ザック中身】

<衣類>着替用インナー長袖、スポーツタオル×1、ウィンドブレーカー、サングラス<食糧>Shotz×3個、アミノバリュー4000

<その他>iPhone、iPhone充電器、イヤホン、財布、薬(テーピング、ハサミ)

 

【第3CPにてピックアップ用荷物中身】

着替え各種、雨具上下、冷却スプレー、エアサロンパス、ヘッドランプ、発光バックランプ

■使用アプリWalkmeter PRO

■距離別 感想(反省点・備忘録等)

☆スタート~第2CP:(散歩の部)

・7人でワイワイ歩きながらスタート

・15分/km(時速4km)程度でゆっくり歩く

・途中休憩も長めにするなど、後半で疲れないためにとにかくゆっくり目に歩き休む

・途中から山道となり、緩やかながらもアップダウンが続く

・街中は歩道が広く歩きやすい区間が多い

・市街地はU字溝の蓋の穴が多くストックがつきにくい

・山道は歩道が確保されていないところが多い×ストックの先のゴムを紛失

 

☆第2CP~第4CP:(トレーニングの部)

・陽が落ちて暗くなる。

・第3CPで預けた荷物を一旦ピックアップできる

・40km過ぎたあたりから足裏が少し痛くなる

×ヘッドランプは預け荷物ではなくザックに入れるべきだった

 

☆第4CP~第7CP (ハードトレーニングの部)

・夜中区間は、各自のペースで歩く

・前半ゆっくり歩いた分、少しハイペースに切り替え

・15分/km(時速4km)から、12分/km(時速5km)に切り替える。実際どうだったかはグラフ参照

 

☆80-100km:(精神修養の部)

・もうやるしかない…という気持ちだけ

・幸い足は裏全体が疲労している痛みだけ

・最後の4kmはハイペースで頑張ってみる

 

walkmeterデータ(各距離の平均ペース)※休憩時間を含む

 0-10km   12.19分/km

10-20km 14.15分/km

20-30km 14.35分/km

30-40km 14.37分/km

40-50km 16.16分/km

50-60km 15.18分/km

60-70km 12.12分/km

70-80km 15.11分/km

80-90km 12.01分/km

90-100km 13.28分/km

 

■完歩の要因(技術編)

・8週間のプログラムによる体質改善(筋肉量を保ち脂肪率を下げる)

・カイロプラクティックによる事前からだバランスの調整

・40kmウォーキング(1ヶ月前)による、負荷のかかる箇所の確認

・鍼治療と、置き鍼による痛みの軽減対策

・足に合わせたインナーソール制作による足裏バランスの調整

・足裏テーピングによる土踏まずの垂れ防止

関連記事

100kmウォーク2016への挑戦(1)

2016年5月、またこの季節がやってきました。100キロウォーキングの大会に出場してきます。今年は初

記事を読む

なぜ八ヶ岳に登ったか?(その2)

2007年1月からチャレンジしている”歩いて日本海を目指す旅”の、その2としてブログを書きます。

記事を読む

2016年100kmウォークに参加

自身6度目のチャレンジになる100kmウォーキング大会に参加してきました。 今年は『ぐんま10

記事を読む

パラカップ2016を走りました

今日は、個人チャレンジの話を聞いてください。 そもそも何故走り始めたか? 答は『自分で走ろう

記事を読む

足が楽になる話

【足が楽になる話】 2011年から毎年100キロウォーキングにチャレンジしています。 距

記事を読む

50歳になりました

6月3日で50歳を迎えました。 自分の中では、経営者としてまだまだ未熟であるものの、もう50歳

記事を読む

熊本城主になりました

熊本城復元整備基金の『復興城主』制度に寄付をしただけなのですが。 被災した熊本城を復旧・復興

記事を読む

プレゼンテーション研修の修了

約半年に渡るプレゼン研修が終了しました。 私たちオオスミでは、様々な場面でプレゼンテーションを

記事を読む

4回目のフルマラソンにチャレンジ

昨日は、板橋Cityマラソンに出場してきました。 1年ぶりのフルマラソンでしたが、このところ怠

記事を読む

個人ブランディング(自分を支える学び・その4)

自分を支える”学び”の第4回目は、”個人ブランディング”について学んだことをお話します。 とい

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

2020年 始動

謹賀新年 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 20

SDGs #2飢餓をゼロに

個人的に主催した飲食を伴う会において、お会計時のお釣りをお預かりさせ

成長の限界

環境のことを勉強している学生さんや、SDGsのサービスを生み出そうと

自販機からペットボトルをなくしました

株式会社オオスミ本社の自動販売機からペットボトルをなくしまし

第52期 経営計画発表会

第52期のスタートです。昨日、2019年11月16日は全社員

もっと見る

PAGE TOP ↑