*

マネジメント(自分を支える学び・その7)

私には、自分を支える”学び”が7つあると書きました。

そのうちの最後の一つ、大変重要な学びが”マネジメント”です。

マネジメントが何たるものか!?

・・・なんて、とても語れる知識と経験を持ち合わせておりませんが、最近一番分かりやすく納得したのが、オーディブル(Audible)で聞いた『60分でわかるドラッカー』(上田惇生さんの生音声)です。

それはさておき、私自身の”マネジメント”の勉強のことについて書きたいと思います。

私が”マネジメント”という事を初めて体系的に学んだのは2001年の経営塾でのことでした。ポートエム社の国永先生は現在はダイヤモンド社のドラッカー講座も受け持つドラッカーマネジメントの第一人者で、日本人として唯一、故ドラッカー氏から直接学びを受けた方です。

そんな国永先生から教わったドラッカー・マネジメントが、今の私の、そしてオオスミの骨格となっています。仮に、違う会社や組織を運営しようが、ちょっとしたプロジェクトを任された場合など、全てのことに、このマネジメントの体系的手法を使うようにしています。

簡単に順番に綴ってみます。

1.我々の『使命』は何か?を考える。これが無いと、やらされ感だらけの仕事になってしまう。

そして次の二つのことを問う。

a)顧客は誰か

b)顧客は何を価値あるものと考えるか

2.事業の目的は『顧客の創造』であることから、

a)マーケティングを行う。顧客が買いたい物は何か?を考える。マーケティングの究極の狙いは、販売を不要にすることである。

b)イノベーションを行う。マーケティングは現在の取り組み。未来に渡って考えるものがイノベーションである。

イノベーションを行う上で持つべき視点

予期せざるもの

ギャップを探す

ニーズを見つける

産業構造内の変化を見つける

人口構造の変化に着目する

認識の変化を捉える

新しい知識を利用する

3.8つの目標を立てる前に次の2つのことを考える。

a)どこに集中しなければならないか

b)市場における地位(シェア)はどう設定するか?

4.8つの項目についてそれぞれの目標を立てる。

マーケティングの目標

イノベーションの目標

③経営資源(ヒト)についての目標

④経営資源(モノ)についての目標

⑤経営資源(カネ)についての目標

生産性の目標

利益の目標

社会的責任についての目標

上記に対しては次の3つのバランスを考える

ア)達成可能な収益力とのバランス

イ)近い将来からと、長い将来からの要求との間でのバランス

ウ)それぞれの目標相互間でのバランス

 

 

これら体系的な”問い”を軸に、経営を考えて行くことで、ぶれない経営につながると私は信じています。

 

 

『事業の目的は顧客の創造である』

この言葉が好きです。

ピーター・ドラッカー氏の本で勉強し続けていますが、

師と言う意味では、私は国永秀男先生に教わった”学び”が、今の私を作っています。

 

このシリーズ、これで終了させて頂きます。

お付き合い頂きました皆さま、ありがとうございました。

 

 

IMG_5249

 

関連記事

新しい社員を採るということ

【新しい社員を採るということ】 先週末は、新入社員歓迎会が行われました。今年は3名の新

記事を読む

私の思考整理法

何か集中して物事を考えたり、企画を練る時に役に立っているのが、Mindjet Mind Manage

記事を読む

ディスカッション

本日は朝から会議室に缶詰! 来期、そして5年後、10年後の組織作りのために、一部の幹部に集まっ

記事を読む

プレゼン研修(第5回目)

  私たちの会社の使命を伝えていくために 私たちの商品やサービスをお客

記事を読む

ダブル受賞しました

Starbrand Clubの主催するショートフィルム・アワードで、株式会社オオスミが2つの賞を受賞

記事を読む

世界を目指す若者を応援しよう

世界を目指す若者を応援しよう そう思ったのは、横浜市国際局でお世話になるKさんからお伺

記事を読む

リバー・クリーンアップに参加

https://www.youtube.com/watch?v=vUk2y4yizhc 先週の

記事を読む

自分を支える7つの”学び”

”社長業挑戦ブログ”なる現在進行形のブログを書き始めていますが、 今回は自分を作ってきた要素、

記事を読む

ミドル・マネジメント研修を計画する

M社の副社長にリーダー研修の相談に行きました。 当社に必要なミドルマネジメント層のさらなるパワ

記事を読む

元旦に地球を考える

新年明けましておめでとうございます。 お正月にはふさわしくないかもしれないお話をしますことをお

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

2020年 始動

謹賀新年 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 20

SDGs #2飢餓をゼロに

個人的に主催した飲食を伴う会において、お会計時のお釣りをお預かりさせ

成長の限界

環境のことを勉強している学生さんや、SDGsのサービスを生み出そうと

自販機からペットボトルをなくしました

株式会社オオスミ本社の自動販売機からペットボトルをなくしまし

第52期 経営計画発表会

第52期のスタートです。昨日、2019年11月16日は全社員

もっと見る

PAGE TOP ↑