*

個人ブランディング(自分を支える学び・その4)

自分を支える”学び”の第4回目は、”個人ブランディング”について学んだことをお話します。

といっても私自身、学びながら、試しながら、実践している最中のことです。

個人ブランディングにより得られることは何だろうと考えたことがあります。

信頼だろうか?信用だろうか?安定感だろうか?

それを突き詰めて考え、私なりの一つの結論に至りました。

それは、軸を持つということ

つまり、誰に対しても同じように接する、『自分のルールを持っている』ということではないかと考えました。

私が参考にしているのは、『マイクレド』(かんき出版:浜口隆則+村尾隆介 共著)という本です。

この本は、何故自分自身のルールを作る必要があるのか?から始まり、具体的・実践的に与えられたワークを考え、書き込むうちに『マイクレド』ができるという”優れ本”です。ただし、ルールを作るまでの過程が、とても考えさせられる内容で、何度も壁にぶつかります。

ここでいう自分ルールは、単に自分がわがままにやりたいことをするために作る”頑固オヤジ”や、”わがままワンマン社長”になるための言い訳”ではありません。また”自分らしさ”という言葉をよく聞くようになってきましたが、その言葉も取り扱いを間違うと危険だと、著者は警鐘を鳴らします。自分らしさは、自分の弱さに対する免罪符ではありません。

本当の自分らしさとは何か?どうやって見つけていくのか?自分を見つめながらの作業になると思います。

そのためには、もう一つ大事なことがあります。

じぶんがどういう人間に映っているか?ということです。

『ジョハリの窓』はご存知でしょうか?

自分と相手の関係性を4つの側面から見たとても分かりやすいものです。

1.自分も相手も知っている自分。
2.自分は知らないが、相手が知っている自分の姿。
3.自分は知っているが、相手は知らない自分の姿。
4.自分も相手も知らない自分。

1は、自他共に認める自分の姿です。ここは平和なイメージがある領域。
2は、例えば酔って記憶をなくしている自分です。その姿は相手に見られています。自分だけが知らない怖い領域。
3は、誰も知らない自分。本当はこんな側面もある。でも気づいてもらえない領域。
4は、未知の領域。まだ開眼していない領域かもしれません。

何故、この話を出したか?

それは、まず自分が他人からどう見られているか?と言う事も自分ルールを作る上で大切なことだからです。

その上で、自分は本当はどう思われたいのか?どう見られたいのか?と言う事を考えていくのです。きっとそこには大きなギャップがあると思います。私自身もたくさんあります。

客観的に自分を見つめ、意見を聞くべきところは聞き、素直に自分を変えていく(必要があれば)ことが大事です。

最後に、自分の分析診断結果を公開!恥ずかしいのですが・・・自分の目指す理想の自分像には程遠い自分がいました。

◆テキパキとした行動で、思い立ったことは素早く実行することができる。
◆好奇心が旺盛で情報の収集がうまい。
◆環境の変化にも適応力があり、自分のペースを守りながら容易に慣れ親しむことができる。
◆人間的には人懐っこい性格と言える。
◆もう少し、慎重性を伴えば、良いリーダー格になりうる存在である。
◆気分屋なところがあり、元気良く張り切っている時と、静かにちんまりとしていると言った周期性がみられる。
◆物事があまり長続きしないところがあり、頑張っていたかと思うといつの間にか放りだしていることもある。
◆困難に遭遇した時には他にも働きかけ、積極的にこれを解決しようとする外交的な面もある。
◆失敗した時に、責任を人に転嫁してしまう傾向がみられる。
◆競争心が強く、競合する立場に置かれると実力以上の成果を上げることがある。
◆目立つことが好きで、自分が評価されていることに最高の満足感を得る。
◆丹念さに欠け、気の向くままに物事に取り組むことが多い。
◆一つのことに対するこだわりが無いためか、飽きっぽく、いろいろなことが長続きしない。逆にいえば淡白な人で、他の価値観に生きていて、あまりモノの執着しない人と言える。

・・・だそうです。自分ブランディングへの道は遠い・・・

2016-04-25 16.30.56

2016-04-25 16.31.21

 

関連記事

100kmウォーク2016への挑戦(2)

【2015大会軌跡】かしみーる3Dより[/caption]   これは昨年(

記事を読む

千里の道も一歩から

  このところ春らしくなってきたので少し体を動かし始めました。 神奈川

記事を読む

なぜ八ヶ岳に登ったか?(その1)

2015年5月から4回に分けて八ヶ岳を縦走しました。 その訳は・・・ 実は2007年1月

記事を読む

人を動かすたった一つの方法

人を動かす たった一つの秘訣 それは・・・ 『相手にみずからそれをしたいと思わせる

記事を読む

ゼロクロニクル第2号完成

日本の脱プラとゼロウェイストに貢献したいという思いで発行しているZERO CHRONICL

記事を読む

イヤーブック第6号(2017-2018)完成しました

  イヤーブック第6号(2017ー2018)が完成しました。今号は、創業50

記事を読む

4回目のフルマラソンにチャレンジ

昨日は、板橋Cityマラソンに出場してきました。 1年ぶりのフルマラソンでしたが、このところ怠

記事を読む

なぜ八ヶ岳に登ったか?(その3)

2007年1月からチャレンジしている”歩いて日本海を目指す旅”の、その3としてブログを書きます。

記事を読む

RUN始動

何もしなかった夏…そして秋… このままでは健康が損なわれてしまいますね というこ

記事を読む

アース・デー

4/22はアース・デーと呼ばれる地球環境について考える日。ナショナル ジオグラフィック20

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

ゼロクロニクル第2号完成

日本の脱プラとゼロウェイストに貢献したいという思いで発行して

無料!環境オンラインセミナー始動

 株式会社オオスミではプロフェッショナル向けのオンラインセミ

本社外周の花壇化プロジェクト

OLYMPUS DIGITAL CAMERA CSR委員会で発

行動するSDGs

今日は本の紹介です。『今日からできる!小さな会社のSDGs』

チャンスを活かす方法

縁あって『ミーニング・ノート』という本を手に取りました。これ

もっと見る

PAGE TOP ↑