*

足が楽になる話

公開日: : 最終更新日:2016/04/17 個人チャレンジ

【足が楽になる話】

2011年から毎年100キロウォーキングにチャレンジしています。

距離を伴うウォーキングは、健康のためというよりむしろ健康を害する気がします。

100キロを歩くのに、私の場合は約24時間、歩数にして15万歩かかります。

初めて歩いた2011年は、つくばの大会に出たのですが、足の痛さと、夜中の雨に心が折れて(マラソンと同じような経験)60キロでリタイヤしてしまいました。

翌年初完歩して以来、つくばの大会、千葉の大会などに出場してきました。今年は群馬の大会に出場予定です。

走ったり歩いたりするのに大事な道具は、当然靴です。しかし、靴そのものよりもインソールがとても重要だということが経験から分かってきました。歩き方の癖や足の形は人それぞれ違うのに、既製品の中敷では、隙間やアタリが出てきてしまいます。

そこで私は、インソール製作のプロにお願いして、オリジナルのインソールを作ってもらうことにしました。するとどうでしょう!同じ靴なのに、全く違う感覚なのです。そして足の裏が痛くならないのです。見た感じはペラペラな生地なのですが、自分の足型と歩き方に合わせて作ってくれる世界に1つのインソールなのです。

このインソールは、着脱が容易にできるので、登山やマラソン、ウォーキングといった異なるシチュエーションの靴に入れ換え、差し替えができるのもありがたいです。

2016年の東京マラソン、横浜マラソンの42.195キロを2週間で2回出場し、完走できたのも私はこのインソールのおかげと思っています。

やや宣伝じみてきましたが、本当に良いもの、自分が体験したものは、知ってもらいたいという気持ちで書きました。世界で活躍する日本代表スポーツアスリートのインソールも手がけている、プロ中のプロの仕事です。

スポーツだけではなく、外反母趾に悩んでいる方、立ち仕事で足が痛くなってしまう方、足のむくみがひどい方にも、インソールが効くそうです。

『トータルボディメークつくば』
代表の唐澤幹男氏の紹介を兼ねて。

 

image

関連記事

パラカップ2016を走りました

今日は、個人チャレンジの話を聞いてください。 そもそも何故走り始めたか? 答は『自分で走ろう

記事を読む

なぜ八ヶ岳に登ったか?(その2)

2007年1月からチャレンジしている”歩いて日本海を目指す旅”の、その2としてブログを書きます。

記事を読む

大盛りチャレンジ

おはようございます。 今週もよろしくお願いいたします。 イヤーブック O-smile

記事を読む

なぜ八ヶ岳に登ったか?(その4)

2007年1月からチャレンジしている”歩いて日本海を目指す旅”の(その4)を書きます。 今回ご

記事を読む

個人ブランディング(自分を支える学び・その4)

自分を支える”学び”の第4回目は、”個人ブランディング”について学んだことをお話します。 とい

記事を読む

祝!副島さんリオ・パラリンピック出場決定

株式会社オオスミとして僅かばかりの企業協賛を、そして個人としてはできる限りの声援を送っている副島正純

記事を読む

2016年100kmウォークに参加

自身6度目のチャレンジになる100kmウォーキング大会に参加してきました。 今年は『ぐんま10

記事を読む

横浜の運河を漕ぐ

2016年10月16日(日)、横浜の運河をカヤックで漕いできました。 35年続く『横浜

記事を読む

RUN始動

何もしなかった夏…そして秋… このままでは健康が損なわれてしまいますね というこ

記事を読む

海プラ拾い(城ヶ島)

知り合いの水中写真家の豊田氏が主催する城ヶ島プラごみ拾い作戦に参加してきました。ダイバーや

記事を読む

株式会社オオスミ代表取締役社長 1966年横浜市に生まれる。学校卒業後、バブル期に一部上場企業に就職。その後、建築設備業の営業職を経て、現在のオオスミに入社。2003年に代表取締役に就任。先代から引き継いだ組織の経営方針転換中に、リーマンショックの影響で経営の厳しさに直面。その後、社員と共に“使命”を確立し経営の立て直しを図り現在に至る。

プロフィール詳細

facebook

ベトナムで省エネします

JICA草の根パートナー型に、横浜国立大学さまと共同で応募し

熊本城主になりました

熊本城復元整備基金の『復興城主』制度に寄付をしただけなのですが。

ゴミ拾いウォーキング企画中

天気もよく暖かな日でした(夕方は雷雨) 横浜市との市境を流れる

平成31年 入社式

平成31年4月1日、平成最後の入社式が行われました。 彼らは、

ユニバーサルマナーとは?

日本ユニバーサルマナー協会主催のユニバーサルマナー検定の講習に参加し

もっと見る

PAGE TOP ↑